2010年06月10日

沖縄大地震の前触れ。

沖縄で、大地震の予知は海がもたらしてくれるかもしれません…!ヾ(。`Д´。;)ノ



地震が少ないと言われる沖縄ですが、今年2月27日には糸満で震度5弱を記録した、マグニチュード6.9の大きな地震がありました。



沖縄本島での震度5相当の地震は、奄美大島近海を震源地とする1911年以来、実に99年ぶりのことだったそうです。
ちなみに、本島近海を震源地とする震度5相当の地震では、二人の死者を出した1909年以来、101年ぶりとなり、1世紀を超える事態だったのです。


沖縄で大地震が起こる可能性はこれだけではありません。


例えば、宮古島断層帯中部が活動した場合はマグニチュード(M)7・2以上、同断層帯西部が活動した場合はM6・9以上の地震が発生すると予測しています。(2010年5月21日 沖縄タイムスより。)

過去にも巨大な地震がありました。
石垣島の人たちは、明和の大地震&大津波のことを、今でも昨日のことのように語ります。
八重山(石垣島周辺)地方のひとたちが
「こないだの地震で…」
と語り出したら、それは明和8年=1771年の地震のことなのです!(ノ゜凵K;;;)ノ


や、実際その地震の被害は甚大なものでした。
宮古・八重山両列島で死者・行方不明者約12,000人・家屋流失2000戸以上という惨事になりました。
石垣島での津波の最大波高は40メートル、最大遡上高は80メートルとも言われています。

そんな大津波が襲ってきたら、もう逃れようがありません。



駄菓子菓子!!!(だがしかし!!!)



水中写真家中村征夫さんの言葉を借りると、海は天才なのです!ヾ(。`Д´。)ノ


大地震の前には、人間が気を付ければわかるように、ちゃんと前触れを出しているのです。


まず、明和の大津波の場合です。
石垣島の白保集落では、人魚が津波を教えてくれたという伝説が残っています。

ある日白保の漁師が漁で人魚を捕獲してしまいます。
その人魚を漁師は放してあげるのですが、お礼に人魚が大津波が来ることを漁師に教えます。
村の中ではこの情報が確かなものか議論するが、結局信じる人々は於茂登岳に避難し、信じない人々は村に残ると言う決断を下しました。
そして津波は起こり、村は津波に飲み込まれてしまいます。
その後、生き残った人々で白保村を再興し、現在に至ると伝えられるのです。


地震を抜きにして、人魚伝説は石垣島周辺のあちこちに見られます。
例えば、川平湾には人魚伝説が残っています。
海で漁をしていたら美しい人魚がかかり、それを放してあげた若者と人魚の娘が結婚する物語です。



新城島には人魚神社なんていうものまであるそうです。



もっとも、これらの人魚はジュゴンではないかと考えられます。
新城島の人魚神社も、もともとはアールウタキ(東御嶽)あるいはザンヌオン(「ザン」はジュゴンのこと。「オン」は御嶽を示します。)と呼ばれていたとのこと。

実際、戦後の食糧難の時代に取り尽くされてしまうまで、八重山地方は世界有数のジュゴンの住処だったのです。




まあ、人魚かジュゴンかの真偽はくわしく追求しませんが、少なくとも、ジュゴンなどの海の生き物が明和の地震の前には通常と明らかに異なる動きをしていたのではないかという推測は充分成り立ちます。




さらに、今年2月の沖縄近海地震でも、海の生き物たちは不穏な動きをしていました!

本島近海の離島に勤務していた小学校の先生から直接聞いた話です。(島の名前を書いてしまうと、小さな島なので話してくれた人の名前がその島を知る者にはわかってしまうため、あえて伏せさせてください。)


小学校の前の海に、巨大なイカが打ち上げられていたそうです。
体長、およそ1mちょい。

話してくれた人はイカの正確な種類までは覚えていませんでしたが、普段は島の近海で獲れるわけではなく、深海に棲むイカとのこと。

そんなイカが打ち上がっているだけで、なんだか不気味な感じもしますが……

……食べて美味しい種類のイカだったらしく、島の幼稚園、小学校、中学校の児童生徒、教職員一同でお刺身にして食べちゃったといいます。煤i ̄□ ̄;)ハウッ(実話です)


ただ、そこに島のおばあさんがやってきて、

「このイカが現れるのは、良くないことが起こる予兆だよ。
 このイカを絶対に家に持ち帰ってはいけないよ!」


そう強く言い残していったそうです。
なお、その言を聞いた教職員と子どもたちは、
「じゃあ、家に持ち帰らずに学校で食べちゃえばいいんだ!」
とすべてその場で食べ尽くしてしまったそうですけど…(; ̄∀ ̄A

余談ですけど、沖縄近海の深海に棲んでいて、体長が1m前後になり、食べて美味しいイカというと、セーイカ(ソデイカ)だと思われます。




「良くないことの予兆だよ…」
果たして、その予言は的中しました!

その翌朝未明、正確には午前5時31分ごろに沖縄近海地震が起きたのです!


なお、季節は2月。
南国沖縄とはいえ、寒い季節でした。
そこに、未明の早朝からその日の日暮れ過ぎまでずっと島唯一の避難所である学校(皮肉にも、前日に“予兆”のイカをみんなで食べた場所です。)で震えながらずっと身を寄せ合って避難していたそうです。


繰り返しますが、これはほんとうのお話。



沖縄の海の生き物に異変が見られたら、すぐに避難の準備をすべきなのです…!((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
posted by よーかい at 01:14 | 沖縄 ☁ | Comment(5) | よーかい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウナギが地震の予測をするってのはよく聞くけど、イカとはねぇ…。
さて、ここで人魚の小話をひとつ。

海辺でトムとマイケルが釣りをしていました。
すると、トムの竿に大きな手応えが…。
釣り上げてみると、それはそれはグラマーで美しい人魚。
しかし、トムはその人魚をすぐに逃がしてしまったのです。
不思議に思ったマイケルはトムに尋ねました。
「Why?」
するとトムは肩をすぼめて言いました。
「How?」

…じゃんじゃん♪
Posted by かり管1号 at 2010年06月10日 11:05
>かり管1号さん


>「How?」

ジュゴンは人間と同じほ乳類ですから、どんなものかかり管さんがお試し下さい( ̄m ̄*)ぷ


そういえば、最近の人魚姫(金魚姫?半漁人??)といえば「ポニョ」ですけど、彼女は成長して思春期になったら、毎月抱卵するんでしょうか…?(; ̄∀ ̄A
Posted by よーかい at 2010年06月10日 22:00
またくる
Posted by k at 2010年06月19日 05:59
>Kさん

まためんそりよ〜。
Posted by よーかい at 2010年06月22日 03:16
人魚 津波で検索してきました。平成26年3月、大王イカや深海魚のニュースが出ています。何もないといいんですが・・・。
Posted by ささぴー at 2014年03月16日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。