2010年06月04日

北限のジュゴンを食べる会。

この記事は、実在する人物・団体等とは一切関係ありません……念のため(; ̄∀ ̄A


ジュゴンの棲息地の北限は、いま政治的に話題の沖縄県辺野古(大浦湾)海域です。
ジュゴンはすでに国の天然記念物ですが、沖縄周辺全体を見ても、生息数はわずか十数頭とされ、絶滅が非常に心配されています。


たしかに、絶滅寸前のジュゴンを守ることは意義のあることでしょう。
また、米軍基地の建設はジュゴンの棲息に致命的なダメージを与えることでしょう。



だけど、どうも『ジュゴンを守れ!=辺野古に米軍基地をつくるな』という論理には違和感を禁じえないのです…( ̄ω ̄;)


や、もちろん個人的には辺野古に米軍基地を作ることにはまったく同意できません。
ジュゴンを保護することの必要性にも同意します。

それでも、なお残る違和感。


この“違和感”がなんだろう?と考えたとき、いくつかの論理矛盾が浮かび上がりました。

例えば。

1.ジュゴンを守ること=辺野古近辺の住民の生活を守ることにつながるのか?

いくらジュゴンを守れても、住民の生活が破綻してしまっては意味がないと考えます。
「人間のエゴ」と言われようと、ジュゴンの命より人命の方が大切です。

もっとも、じゃあ米軍基地を作ることが辺野古住民を救うのか?と問われれば、そうともいえないのではないかとも思うのですが。


2.米軍基地ができなければ、ジュゴンは絶滅しないのか?

おそらく、このままでは、辺野古に基地をつくらなくても沖縄からジュゴンが消えるのは時間の問題だと考えます。
保護については、餌場の環境の保護(それは、沖縄だけでなく周辺海域すべてを含む環境に関わります。)を含め、大きな視座が必要になるでしょう。


3.ジュゴンが棲息できれば、米軍基地は作られてもいいのか?

例えば、辺野古は絶滅寸前のジュゴンがいるから基地は作るな!という論理だと、じゃあジュゴンの生態に影響のないところならいいのか?という話になります。
この点については、一切の抑止力とは関係のない、先制攻撃のみを意図した海兵隊が必要なのか、そもそも核を含む強大すぎる軍事力を有した米軍基地が日本やアジアに本当に必要なのか?といった根本から考える必要があるでしょう。




……こうして考えてみると、
実は、ジュゴンって別に米軍基地とそんなに関係ないじゃん?( ̄ω ̄;)
って話になりませんか?

もちろん、闘争のわかりやすいシンボルマークとして、ジュゴンを使う「戦略」の有効性まで否定するものではありませんが。
そして、ジュゴン以外の生物がなぜ遡上に上がらないのか、という選択的な救済論に関するエゴもここではとりあえず脇においておくとしても。




まあ、戯れ言はおいておいても、要はジュゴンを絶滅させず、辺野古住民の生活基盤を確保し、軍縮につなげようよというのが理想でしょう。
この「理想」自体については、異論を唱えるひとは少ないはずです。


ところで、人間って「なんでも食べる動物」なんですよね。
クジラも牛も犬もアザラシも、文化の違いこそあれ、食べます。
辺見庸氏の『もの食う人びと』なんかで描写される、極限状態での「食」に関する壮絶な実話などを読むと、食べることこそ人間のすべての活動の根本なんじゃないかとさえ思います。



そう考えていくと、
じゃあ、食べましょうよ。
ジュゴンを。




……なんだ、その飛躍は?!と思った方もいらっしゃることでしょう。
でも、まずは食べてみてから考えてみませんか?


ジュゴンは、とても美味しいらしいのです。
琉球王朝時代は、王朝への献上品として新城島から毎年ジュゴンを干し肉にして献上していました。

新城島では、ジュゴンを祀った御嶽まであるくらいの食文化です。

「人魚の肉を食べると不老不死を得られる」
という、各地の伝説から近年は高橋留美子まで語られているテーマと同じく、琉球王朝でも“不老不死の薬”としての側面もあったと言われています。
しかし、実際、ジュゴンの肉を食べる文化は各地にあって、とても美味しいらしいのです。
一説によると、豚のヒレ肉をもっと美味しくしたような味だとか。
琉球王朝では保存法の問題もあり、干し肉での運搬でしたが、新鮮なものならもっとずっと美味しいことでしょう。

ちなみに、八重山地方では戦後の食糧難の時代にダイナマイトでジュゴンを捕獲する猟が横行し、現在では絶滅してしまったと言われています。



ともかく、食べるために必要なことはなんでしょうか?

腕のいい料理人?
美味しく食べるためのレシピ?

いえいえ、もっと重要なことがあります。
それは、食材の安定供給です。


つまり、食べるためには現在の生息数では圧倒的に少ないのです。


よーかいは、ぜひジュゴンの肉料理を食べてみたいです。
それはもう、グルメハンターのような情熱で!o( ̄へ ̄*)(トリコ?)


きっと、食べてみたいと思う人はたくさんいるはずなのです。
ジュゴンが辺野古名物になったときを想像してみてください。
ジュゴンを食べるために、日本、いや世界各地から辺野古に人が訪れます。

辺野古名物、ジュゴン料理。

もちろん、便乗して、ジュゴン饅頭(ただの粒あん入り)やらジュゴン最中(以下同文)やら、ジュゴンクッキーにジュゴンゴーフレットなんかも販売してみてもいいでしょう。

午前中には、ジュゴンの見える丘でジュゴンを観察し、お昼に地元のジュゴン料理店で舌鼓を打つというツアーは大盛況です。


おそらく、鯨料理くらいのレパートリーはできることでしょう。
お刺身に、ステーキに、大和煮に、カルパッチョに、串焼きに、トンカツ……etc,etc。
辺野古限定ジュゴン丼にジュゴンバーガーなんていうのもいいでしょう。
沖縄ですから、三枚肉の変わりにジュゴンの煮付けを入れた、ジュゴンそばなんていうのもアリです♪d( ̄ー ̄*)にぃ



ともかく、そのくらい生息数を増やす方が、巨費の国民の税金を投入して、不毛な殺戮の道具である米軍基地を作るよりも、ずっとずっとみんながハッピーになれること請け合いです。
そして、辺野古だけでなく周辺海域の環境について、もっと多くの人が敏感になることでしょう。

そう、よーかいには、
『ジュゴンを守る?
 当然だろ?
 そりゃ、食べたいもの!』

という方がすごく自然に見えるのです。


そんなわけで、
あなたも『北限のジュゴンを食べる会』に入会しませんか?d( ̄∀ ̄*)イヒッ
posted by よーかい at 03:24 | 沖縄 ☔ | Comment(8) | よーかい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事読むとよーかいさんがハンニバルに思える…そのうち人肉も食らいそうf^_^;
Posted by しっぽ♪ at 2010年06月04日 06:49
>ジュゴンって別に米軍基地とそんなに関係ないじゃん?
  ↑
100%同感です。かねてからオレもそう思ってたよん。

>そう、よーかいには、『ジュゴンを守る?当然だろ?そりゃ、食べたいもの!』
  ↑
一昨年『ジュゴンを守るピースリボン』に、同じことを書きました。
Posted by かり管1号 at 2010年06月04日 07:20
ジュゴンもクジラやイルカの仲間。まあ食べられないわけないと思いますが。トド料理ありますし。
しっぽさん
クジラ料理食べたい!
んで、たしか今日のスポーツ新聞記事には イルカ料理紹介しています。
静岡駅近くのスーパーに普通にイルカが売っています。
関係ないけど、 自分の干支の動物は、いまだに食べたことがないです(猪) あぎじゃびよ〜。共食いダァーッ。
Posted by おいちゃん at 2010年06月04日 11:13
>しっぽさん

>この記事読むとよーかいさんがハンニバルに思える…そのうち人肉も食らいそうf^_^;

人間はまだ食べたことはありませんが(笑)、ハンニバルレクター博士は知的で好きです。
そういえば、以前シリアで食べた羊の脳みそは美味しかったですよ♪


人肉食(カニバリズム)はけっこう世界各地であったようです。
宗教的な意味合いから、味を楽しむものまで。

さすがにかつて生きていた人間を食べる気はしませんが、もしクローン技術で純粋培養の食用人肉が発売したら、一回は食べてみたいかも…?!



>かり管1号さん

>100%同感です。
>かねてからオレもそう思ってたよん。

ですよねぇ?
でも、なんだか「それ、違うよね?」と言いにくい雰囲気が形成されちゃっていますよねぇ…(; ̄∀ ̄A


>一昨年『ジュゴンを守るピースリボン』に、同じことを書きました。

おおっ!
かり管1号さんは、『北限のジュゴンを食べる会』の会員1号さんにも決定です!!(笑)

でも、「会員ナンバー○番」というと、なんだか昔のおにゃんこクラブみたいですね。(関係ない)



>おいちゃんさん

>ジュゴンもクジラやイルカの仲間。
>まあ食べられないわけないと思いますが。

実際に食した人のレポートなどを読むと、相当美味しいらしいですよ。


>静岡駅近くのスーパーに普通にイルカが売っています。

そうなんですか!煤i ̄□ ̄;)ハウッ

それは今度静岡に行くことがあったら、ぜひ買わなくては!!!

そういえば、少し話は変わりますが、小笠原の父島のスーパーでは、フツーにウミガメの肉が食材としてスーパーで売られていましたよ。


>関係ないけど、 自分の干支の動物は、いまだに食べたことがないです(猪)

よーかいの現在の棲息地では、秋になるとイノシシ猟が盛んです。
近所を、鉄砲を持った猟師がうろついていて物騒極まりないのです。

実際、車を運転していて、とても大きなイノシシに遭遇したこともあります。(体高が1mを軽く超えていました。)
イノシシのお肉は意外に臭みもなく、美味しいですよ♪

焼き肉にしても、鍋にしてもイケます☆


>共食いダァーッ。

よーかいの干支はトラなんですけど、トラのお肉は美味しいのですかね?
機会があれば食べてみたいような気がします(笑)。
Posted by よーかい at 2010年06月06日 01:25
追記:

いま調べてみたら、中国をはじめアジア諸国には食用にするための「トラ牧場」があるそうですね。
欧州各国からは非難を囂々と喰らっているそうですが…o( ̄ー ̄;)ゞううむ

なんでも、トラの肉や骨は昔から漢方薬としても使われているのだとか。


うーん、これはぜひ一度食してみねばなるまいな。
Posted by よーかい at 2010年06月06日 01:33
静岡に行かなくでも!銚子の鮮魚店で普通にイルカ肉が買えますよ!イルカもクジラも同じで大きさで区別しているだけです!最近スーパーでサメが売られてますね!サメの中でも美味しい種類と不味い種類がいる様です!人間でも不味い美味いが有るのかな(笑)
Posted by ハヤシコウイチ at 2010年06月06日 12:44
ハヤシコウイチさん

>静岡に行かなくでも!銚子の鮮魚店で普通にイルカ肉が買えますよ!

そうなんですか!煤i ̄□ ̄;)ハウッ
さすが千葉が世界に誇る巨大漁港銚子!!!


……でも、よーかいの棲息地からだと、静岡より銚子の方が遠いのです。。(TwT。)
まあ、五十歩百歩ですけど。


>イルカもクジラも同じで大きさで区別しているだけです!

ですねぇ。

成体が3m未満ならイルカ、3m以上ならクジラという分類法なんですよね。
沖縄の県魚であるグルクンは約10種類くらいの魚の総称ですけど、それに近いくらいのてーげーさです(; ̄∀ ̄A

なお、マナティやジュゴンはイルカの仲間になるそうですね。
ということは、基本的にはクジラを食べるのと同じ程度の調理法はできそうです。


>最近スーパーでサメが売られてますね!

そうなんですか!
以前はヒレだけとって捨ててしまっていることが多かったですが、それが国際的に非難を浴びだしたから食べるようになってきたんですかね?
インドネシアやインドあたりでは以前からフツーに食べていたようですが…。

ただ、サメは肉に尿素が含まれていて、新鮮なものでないと臭くなるそうです。
スーパーで売っているものの場合、大丈夫なのかな?
インドとかではカレー(スパイス煮込み)にして食べるようですが、他に調理法はあるのでしょうか?
唐揚げとか美味しいのかな??


>人間でも不味い美味いが有るのかな(笑)

ぜひレポートお願いします!(笑)
Posted by よーかい at 2010年06月07日 00:15
こんばんは。
とても面白い記事でした^^

動物も人間の命も大切
でも その真意はいかに???と拝見させて頂きました。
Posted by kingoma at 2014年07月28日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。